仮想通貨のAPI制作はFXに比べると本当に簡単です

Pocket

 

 

いま自動売買ツール(bot)制作の記事で使用しているAPIは

「REST API」というんですね。

 

レートなどはURLをブラウザで叩けば取れるので

少し複雑な事をしないのであれば

「REST API」というのは比較的簡単に情報は取れます。

 

最近では仮想通貨の取引所というよりも

FXの証券会社が仮想通貨を扱うという事も増えてきました。

 

その為、FXのAPIでレートや売買ができるようになってきているのですが

 

これが難しい!

 

1度作ってしまえば・・・・というわけでなく、

証券会社毎にかなり仕様が違っていたり

ドキュメントが揃っていなかったり

検索してもなんの情報もなかったりと

本当に大変だったりします。

 

Aの証券会社APIを作るのに

Bの証券会社APIのドキュメントを参考にしてなどが

普通にあったりします。

 

また動かす場所のIPを登録しないといけないぐらいに

セキュリティが厳しい所もあるんですが

それのやり取りとプログラムがまた難しかったりと

わりと挫けます。

 

セキュリティに関しては仮想通貨の「REST API」があまりにも怖いので

これぐらいはあった方がいいかもしれないですが

プログラムの難易度は半端じゃないです。

 

というわけでFXの方のAPIがガチのプログラマしか作れなかったのですが

仮想通貨の方は本当に簡単なので素人の方がプログラムを組むという事が

本当に増えているみたいですね。

 

 

正直、FXのAPIはもう面倒なので繋げたくない。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です