フリーの自動売買ツール(bot)の危険性

    各プログラム言語の詳細を書こうと思っていましたが その前に自動売買ツール(bot)に関して大事な事を伝えておこうかと思いまして。   何度も書いてますとおり仮想通貨の自動売買ツールは簡単に作れます。 ちょっとプログラムをかじった程度なら割とサクッと作れます。   なのでい... (続きを読む)

自動売買ツール制作にお勧めな言語のメリットとデメリットを書いていく

    今回は前回説明した仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作に 使いやすいプログラミング言語を書きましたが 仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作にお勧めするプログラミング言語   では今回はその3つあった言語 python java C# を各それぞれメリットとデメリットを説明したい... (続きを読む)

仮想通貨のAPI制作はFXに比べると本当に簡単です

    いま自動売買ツール(bot)制作の記事で使用しているAPIは 「REST API」というんですね。   レートなどはURLをブラウザで叩けば取れるので 少し複雑な事をしないのであれば 「REST API」というのは比較的簡単に情報は取れます。   最近では仮想通貨の取引所... (続きを読む)

仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作にお勧めするプログラミング言語

  自動売買ツール(bot)作成のお話もついに プログラムの話をする事になりました。   プログラムといえばやはり 最初に何のプログラミング言語で作ればいいの? という問題が最初でしょうか。   とはいえ、 これまでプログラムなど無関係だった人 もしくはWEB言語系しか触った事がない方 M... (続きを読む)

マルチシグ

  簡単にいうと仮想通貨の秘密鍵が一つではなく複数に分割されていて その通貨へのアクセスは一定数以上の鍵が必要になるというシステムです。   通常はスマホ端末やパスワードが1つのものに依存しており その1つを奪われるとその通貨は失われます。   しかし、マルチシグの場合は秘密鍵が複数あるの... (続きを読む)

コールドウォレット

  簡単にいうとインターネットと完全に切り離されたウォレットのこと。   ただしオフラインの環境であっても、スマホやPCに秘密鍵などを置いたものは コールドウォレットと呼ばない。   インターネットから隔離されているので不正アクセスなどでは盗まれません。   逆にいうと保存を紙(... (続きを読む)

ウォレット

  自分用の仮想通貨の口座です。   もっと簡単に言うと「仮想通貨を保存する場所」です。   銀行口座や証券口座と違い、取引所だけで作れるわけではなく 自分のパソコンやWEB上などでも作れます。 ただし、ウォレットの種類によってセキュリティが変わってくるので 自分の取引方法を把握し、正しい... (続きを読む)

自動取引ツール(bot)の流れについて

      今回は自動取引ツール(bot)の流れについて説明したいんですが その前に・・・・決めないといけない案件が!!   暗号通貨と仮想通貨どっちがいいんでしょうね?   正式名は暗号通貨のはずなんですが 最近はテレビなどのメディアでも仮想通貨と呼ばれていますし。... (続きを読む)

自動取引ツール(bot)を作るのに「現物取引」と「信用取引」の違いは知っておこう

      自動売買ツール(bot)を作るにあたって 先に知っておかないといけない事があります。   「現物取引」と「信用取引」の違いです。   なぜ知っておかないといけないかというと APIを使って取得するものや使用するものが違うからですね。   なので自動... (続きを読む)

APIを使用して自動取引ツールを作る・・・・でもAPIって何?

  前回は自動取引ツール(bot)を作ろうという話をしました。     自動取引ツール制作でよく出る言葉があります。 それはAPI(エーピーアイ)です。 ぱっと見、アプリと読めそうですが残念ながら違います。   実は自動取引ツールの事をbotとは言わず APIと呼ぶ時もあります。... (続きを読む)