他の取引所の板情報をAPIで取得する為のURLをまとめてみた(仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作)

Pocket

 

 

基本的にはこれまで書いてきた板の取得方法のURLを変えるだけで

違う取引所も取得できます。

 

【C#】
C#でBitflyerの板情報をAPIで取得してみよう(仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作)
C#でBitflyerの板情報をAPIで取得して、最新のレートを出力してみよう(仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作)

【Python】
PythonでBitflyerの板情報をAPIで取得してみよう(仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作)
PythonでBitflyerの板情報をAPIで取得して、最新のレートを出力してみよう(仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作)

【Java】
JavaでBitflyerの板情報をAPIで取得してみよう(仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作)
JavaでBitflyerの板情報をAPIで取得して、最新のレートを出力してみよう(仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作)

 

bitflyerだと

固定URL が “https://api.bitflyer.jp
変動URLが”/v1/board?product_code=BTC_JPY

でした。

 

固定と変動の部分の話はこちら

仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作の「REST API」のURLは2つに分割される

 

 

ではこれを別の取引所で設定してみましょう!

 


【CoinCheck】 BTCJPY
固定URL “https://coincheck.com
変動URL”/api/order_books

【bitMEX】BTCUSD
固定URL “https://www.bitmex.com
変動URL”/api/v1/orderBook/L2?symbol=XBTUSD&depth=5

【Quoniex】BTCJPY
固定URL “https://api.quoine.com
変動URL”/products/5/price_levels

【Bitbank】BTCJPY
固定URL “https://api.bitbank.cc
変動URL”/btc_jpy/depth

【Bittrex】BTCUSD
固定URL “https://bittrex.com
変動URL”/api/v1.1/public/getorderbook?market=USD-BTC&type=both

【BTCBOX】BTCJPY
固定URL “https://www.btcbox.co.jp
変動URL”/api/v1/depth

【Zaif】BTCJPY
固定URL “https://api.zaif.jp
変動URL”/api/1/depth/btc_jpy

【BitFinex】BTCJPY
固定URL “https://api.bitfinex.com
変動URL”/v1/book/BTCJPY?limit_bids=10&limit_asks=10


 

どうでしょうか?

ちなみにバイナンスもあるのですが

あれは別の時に紹介したいと思います。

 

上記のURLはこれまでの言語のURLの部分と入れ替えれば動くと思いますが

取得してきたJSONデータに関しては各自で整形する必要があります。

 

今後もJSONデータの整形に関しては資産情報や証拠金

ポジション情報の取得でも必要なのでレートで慣れておくと便利かと思います。

 

次回はループ処理に関して。

実際には定期的にレートを取得する事で自動ができるようになるわけなので
その方法を書いていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です