仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作におけるJavaのデメリット

Pocket

 

 

 

今回はJavaを中心に仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作を行った時の

デメリットをもう少し掘り下げてみたいと思います。

 

自動売買ツール制作にお勧めな言語のメリットとデメリットを書いていく
仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作におけるPythonのメリット
仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作におけるPythonのデメリット
仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作におけるJavaのメリット

 

 

前に書いたJavaのデメリットはこちら

【デメリット】
・仮想通貨のAPIのドキュメントが少ない
・言語の取得が3つの中では難しい
・UI的なものを作るのは面倒

 

【仮想通貨のAPIのドキュメントが少ない】

少ないというよりも

ほぼないです。

 

海外の取引所はソースコードを上げてくれている人がいたり

取引所がドキュメントの代わりにソースコードを置いていたりするので

まだマシなのですが

日本の取引所を作る時の方が大変でした。

皆さん、PythonもしくはC#で作っているので。

 

1度作ってしまえばあとは使いまわしなので大丈夫ですが

どの取引所も作り始めは大変です。

 

 

【言語の取得が3つの中では難しい】

PythonからJava

C#からJava

なら少しマシだとは思いますが

 

これから覚えようとすると

この3つの中では一番難しいです。

 

なぜか?

自分なりに初心者の方が難しいと感じる点は

プログラムでおかしい部分などを

ある程度、自分で見つける必要があるからだと思ってます。

 

当たり前じゃないか?と思うでしょう?

 

その通りで、ある程度、プログラムを組める人なら

他の言語でも上記の事は当然なのですが

初心者の方がどこがおかしいなんてすぐにわかりませんよね?

 

PythonC#などは

そういうのをわりと教えてくれたりします。

C#に関してはご丁寧に教えてくれます。

 

Javaも教えてくれるのですが

初心者の方には難しかったり

よくわからないエラーで例えて教えたりするので

心が折れそうになります。

 

もちろん他にもPythonのメリット時にも書いた「箱」が

Javaは一番厳しいので3つの中では覚えるのが大変ですね。

仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作におけるPythonのメリット

 

逆にJavaから覚えると

他の言語を覚えるのにかなり楽になります。

 

 

【UI的なものを作るのは面倒】

これはPythonのと、ほぼ同じです。

仮想通貨の自動売買ツール(bot)制作におけるPythonのデメリット

 

Pythonよりも作成フォームがあるので作りやすいですが

それでも面倒です。

 

 

デメリットが多いですが

速度の面はデメリットを上回るメリットがあるので

難しくてもここから挑めば後が楽になると考えて

Javaを覚えるのもありだと思います。

 

 

次回はC#のメリットです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です