コインチェックの売買方法&取引所の使い方

Pocket

コインチェックの入金が完了したら、いよいよビットコインを手に入れるための「売買」方法について解説していきます。本記事では、基本的な買い方・売り方と、それぞれの特徴について紹介しています。

仮想通貨の取引には、株取引と聞いて最初に想像する「トレードビュー」を使う方法もありますが、それらの使い方を覚える前に、どうやって日本円から仮想通貨に替えていくのか、一連の流れを覚えていきましょう。

3種類の買い方・2種類の売り方を把握する

先に、ビットコイン含む仮想通貨の買い方と売り方をまとめていきましょう。買い方は以下の3つです。

  • 取引所の買い板で取引(ビットコインのみ)
  • 「コインを買う」で購入
  • 「クレジットカードで買う」で購入

続いて、売り方(日本円に変換)は2つです

  • 取引所の売り板で取引(ビットコインのみ)
  • 「コインを売る」で売却

以下で、それぞれのメリット・デメリットを解説していきましょう。

 

それぞれの売買方法の特徴・メリット・デメリット

それぞれの売買方法には、以下のような特徴があります。

「取引所」で売買する

 

ビットコインを高く売り、安く売るなら「取引所」を使い。ユーザー同士でトレードするのがもっとも適しています。ただし、約定するスピードは遅いので、スピーディーな取引には向きません。
また、操作が他と比べて少し複雑なので、ビットコインを長期で保有する予定なら無理に覚える必要はないでしょう。

ちなみに、取引所の売り板・買い板でやりとりできるのはビットコインのみです。

「コインを買う」「コインを売る」

予め入金した日本円で仮想通貨を直接購入する方法です。売り板・買い板と違い、待ち時間がありません。ここでは、ビットコイン以外の仮想通貨も売買できます。
反面、購入価格は現在のレートで固定されているため、ビットコインを最安値で買うなら取引所の方が適しています。

「クレジットカードで買う」

クレカ決済で仮想通貨を直接購入できます。入金の手間も取引所でやりとりする手間もないため、3つの方法の中ではもっともスムーズです。
ですが、クレカ決済でビットコインを買おうとする場合手数料が「購入価格の8%」と、非常に高額。アルトコインだともっと高くなるものもあります。
よって、極力使わないことをおすすめしますが、もし使う場合は計画的に。

 

このように、利益を重視するなら取引所スピード重視ならコインの直接売買が向いています。それでは、各方法の具体的なやり方を説明していきましょう。

 

コインチェックでビットコインをトレードする方法

ユーザー同士でビットコインをトレードするには、まず「取引所」ボタンを押して取引所に移動する必要があります。

続いて、下にスクロールすると「買い板/売り板」があるのが確認できます。ここでビットコイン取引を行っていきます。

売り板・買い板の使い方

売り板/買い板は、ビットコインを売りたい、買いたいと意思表示している人たちが注文を出している場所です。
ビットコインを売る際は「売り注文」、買う際は「買い注文」を出して買うことになります。

「買い注文」「売り注文」を出してビットコインを売買する

基本的なことを覚えるため、「現物取引」でビットコインを購入/売却していきましょう。

売り板/買い板の「レート」をクリックする

売り板/買い板には、前取引の中で「もっとも安い売値」と「もっとも高い買値」が表示されています。

つまり、売り板の一番下、買い板の一番上がもっともお得な値で売買できるビットコイン価格です。
レートをクリックすれば、現物取引欄のレートに同額が表示されます。つまり、「売り注文の最安値と同じ価格で買いたい」という買い注文を出すことになります。

注文量を入力して注文する

任意の注文量(初めての場合0.001BTCぐらいにしておくとよいでしょう)を入力し、下の「注文する」ボタンを押します。
これで買い注文が出され、下の「未約定の注文」欄に掲載されます。誰かがそれに応えれば自動で取引が成立します。

「売り注文」も動作は同じ

売り注文を出すときは、「現物取引」欄の売りボタンを押して、今度は買い注文に出ているレートで最高値のものをクリック/タップしましょう。あとは売り注文と同様です。
さきほど買い注文を出し、ビットコインを手に入れているなら、今度はそれを売り注文で出し、板での売り買いをひと通り経験してみてください。ちなみに、間違えて注文を出してしまった場合は、約定前なら「未約定の注文」欄でキャンセルできます。

指定した価格の注文が出たら売買する「指値」売買の方法

指値注文を行う場合は、レートをクリックするのではなく、「現物取引」欄で、レートと数量を直接入力します。

問題がなければ、「注文する」ボタンを押し、あとは注文が約定するのを待つだけです。

 

「コインを買う」で仮想通貨を買う方法

「コインを買う」で直接仮想通貨を買うには、あらかじめウォレットに日本円を入金しておく必要があります。

買いたい仮想通貨を選ぶ

まず、買いたい仮想通貨を選びます。

数量を入力(小数点単位)し、「購入する」ボタンを押す

任意の数量を入力します。基本的には小数点単位で入力してください。

レートと合計額が表示されたら、間違いがないか確認して「購入する」ボタンを押します。購入後のキャンセルは出来ませんので注意してください。

 

なお、この方法でコインを売るには、「コインを売る」で同じような操作を行ってください。

 

「クレジットカードで買う」で仮想通貨を買う方法

クレジットカードでコインを買う場合、日本円を入金している必要はありません。利用額は5,000円からになります。

買いたい仮想通貨を選ぶ

「コインを購入する」と同じように、買いたい仮想通貨を選びます。

購入量を選択肢、または直接指定して「購入する」ボタンを押す

任意の購入量を6つの選択肢から選ぶ、または金額を直接指定しましょう。

レートが表示されたら、間違いがないか確認して「購入する」ボタンを押してください。

まとめ:実際に取引すればあっという間に覚えられる

コインチェックでの売買方法には、

  • 取引所で買い注文を出す
  • 「コインを買う」でウォレットの日本円を使い直接購入する
  • 「クレジットカードで買う」で、直接決済する

の3つがあります。このうち、ビットコインを短期で売買していくなら、取引所で安く買って高く売るのが利益を上げる近道になります。一方、長期でビットコインを保有する予定なら、「コインを買う」で直接買っても問題はないでしょう。

さらに慣れてきたら、現物取引画面ではなく「トレードビュー」でより高度にビットコインを取引することもできます。

それでは、次はビットコインの出金方法について解説していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です